2019年11月26日

ペンの日

「面倒くさがり」の対義語は「面倒くさい奴」


じゃんけんする時「最初はグー」って言う文化は自分の育った環境にはなかった。

うろ覚えだけど筒井康隆が実験的に読点を一切打たない文章を書いて大して読みにくいってことないから読点なんかいらんのやみたいなことを書いてた。それを昔読んで以来読点を必要最小限に留めるようにしてる。

以前意識高い女子大生の間で、将来は国連で働きたいって言うのがにわかに流行ってた件。

電車のつり革につかまってたら、前の席に座ってる男の脚がやや投げ出し気味で邪魔だった。それだけならまあ許せる範囲なのだが、その男は携帯でテトリスをやってたことで腹が立った。架空のブロックを整理することに執心する前にお前の脚を上手いこと空間に納めろと。そしたら横一列消えて俺が座席に座れるだろ。

好きな押尾学語録
「一人の時でもポテチはパーティー開け」

喉が乾いて水を飲もうと思って、その水でついでに薬も飲んだりすると、水分補給としての水の美味しさが損なわれて薬を胃に流し込むための水でしか無くなってしまうのが残念で、もう一杯飲む。

イヤホンは左右どちらにつけようが自ら判断して右耳には右用、左耳には左用の音を鳴らすようにできないんだろか。

向いてないことの例えで「先端恐怖症の人がフェンシング始めるようなもんだろ」って言うのどっかで使いたい。

プリンターに「しょうもない書類なのでインクが足りなくて少々かすれてもいいから力ずくで実行する」というボタンをつけてほしい。

よく映画で見る刑務所の面会室で、境のガラス窓にある声を通すための丸い穴の空け方が雑。

昔VHSの低画質を小さいテレビで観て、よかったなと記憶してる映画を、現代の高画質、大画面、高音質で見返すと新たな感動や発見があるのではないか、と期待して観ても当時と印象がまったく変わらない。

映画は大画面で観なくちゃとか嘘です。

小学生の頃、遠足や部活などで弁当をもって行くとき、裕福な家庭が多い地域に住んでいたせいか他の子の弁当はすごく豪華だった。自分の家庭も特に貧しいわけではなかったけど母の作る弁当は一番貧相だった。
これは母が手を抜いてるわけではなく、母が他の子の弁当を見る機会がないので現代における、この地域の子供が持たされる弁当の水準を把握しておらず、母の子供時代の水準でこんなもんでいいだろうと思ってるんだと半ば諦観すると同時に他所の子の弁当の豪華さについて説明する煩しさもあり、母に弁当について文句を言ったことはなかった。

「個人的には」と前置きされると、君はずっと個人的な話ししかしてないのに、あえてそれ必要か? と思うことが往々にしてあるので、よく考えて使っていただきたい。

東京フレンドパークって毎週やってる時はしょうもないと思ってたけど、特番で復活してるのを観ると、なんかほのぼのと楽しげでいい番組だなと思った。

何かのサポートせンターに電話して「では〇〇様のご登録情報を確認いたしますので少々お待ちください」と言われ、しばらくした後、「お待たせいたしました」と言われた時なんと言っていいのか分からない。
「はい」と答えれば待たせやがってという意味にとれるし、「いえいえ」と答えると、そこまでかしこまる必要ないだろと思う。なのでいつも「あ、いやいえああ」などと曖昧な返事をしてしまう。どうすればいいのでしょうか。

2019年11月19日

片目をつぶったまま年老いた

spami.png


案の定、放置してたApple Pencilを久々に使った。
そしてまた放置してる。
次に使う時があればホックニーの肖像画みたいなものを描いてみたい。

「運び屋」を見た。長生きしてほしいなと思いながら見てて、見た後も長生きしてほしいなという感想しか出てこない。

2018年11月06日

無題

サッカーW杯が近づくと、「出場する以上は日本が優勝する可能性はある」とか、「可能性がゼロでないなら優勝目指すべき」などと言い出す人が散見されるが、「日本が優勝する可能性はあるが蓋然性はない」と言うのが正しい。


大谷翔平見るたびに電波少年の箱男の奴思い出すんだけど、画像検索するとそこまで似てない。

スプラトゥーンの筆のブキはポロックという名前にして欲しかった。

遠足のおやつにカールとか大きな袋入りのスナック菓子を持ってくる子がいて、相容れない何かを感じていた。

辻仁成みたいに開頭手術をして人格変わったら、いくら健康になれても手術失敗なんじゃないだろうか。

皇族の人に、生まれ変わったら何になりたいか聞いたら、また皇族になりたいに決まってんだろって思ってるけど口が裂けても言わない説。

ラップのフリースタイルバトルを見てると「即興だからすごい」というところに常に寄りかかってるから、リリックが表層をなぞることに終始していて、一定の深度に達していないので飽きてしまう。

3Dプリンターを組み立てた後に、それでロビの部品を出力して3年がかりで完成させるという地獄のようなディアゴスティーニ出ないかな。3年後、もっと性能の良いものが安価で買えるようになってることも含めての地獄。
そして容赦無く煙を吐くロビ動画が見たい。それは限りなく高い純度で蒸留された人間とロボットに生まれる愛の可視化なのかも知れない。

よくネット検索する夢を見る。いつも文字がうまく打てなかったりして、まともに検索できた試しがない。夢の世界はすべて自分の脳が作り出すから、脳内にストックされてない情報は引っ張り出せないので、脳が検索を阻止してくるんだと思う。

普段から納豆を食べていると、コーヒーを飲むとき納豆の味がする。豆の味に共通点があるので連想してしまう。納豆は嫌いではないが、コーヒーがまずくなるので納豆を食べないようにしてる。

DQNネームが嫌がられるのは読みにくいだけではなく、親が子供への過剰な期待と愛情をむき出しにしてしまうことに、居心地の悪さや図々しさを感じるからではないか。

訃報の記事の下に「いいね! 1823人」などと表示するのは極めて不謹慎。

ハシケン通信だのイケハヤ書店だのと自分の名前を自分で略して公称化する人に共通する、なにか埋めがたい、手の施しようがない巨大な欠落を感じる。

人間と100分の1のガンプラの比率は、設定上で原寸のガンダムと人間の比率とほぼ同じになり、サイズが倒錯している。ガンダムが人間の模型を作って棚に並べてたら薄気味悪い。

ジャンプの人気投票でドラゴンボールは天下一武道会が始まると人気が上がったらしいが、自分としては天下一武道会は場面が変わらなくて退屈だった。誰が誰に勝とうが負けようがどうでもよかった。初期の冒険活劇からバトル漫画に変えたら人気が出たって、やっぱガキって馬鹿なんだな。

2018年05月17日

Apple Pencil

最近Apple Pencilを買ったので何か描いてみようと思い、手元にあったスプラトゥーンのアミーボをモチーフにしてみた。 対象が小さすぎて視点が少しずれただけで腕や足の角度がガラリと変わってしまうことにはじめは気付かず全く形が掴めずに苦戦した。

spami.png





スプラトゥーンのアミーボはいきなり難し過ぎたので写真を使うことに。アミーボのデッサンよりはるかに簡単だったが、なかなか似なくて困った。一応ジミヘンだけど違う人だ。iOSのアルバムに入れたら顔認識機能でジミヘンと判定したのでまあ良しとしよう。
jimi1.png





3日目。これもジミヘン。描くものを選ぶのが結構めんどくさい。かなり手際が良くなって前回の半分の時間で描けた。
jimi2.png

jimi22.png





かねてからフォトリアルな絵に対する淡い憧憬と侮蔑みたいな感情がある。あんなものやろうと思えばいつでもやれる、と思っていざやってみたら、ただのデッサンって感じにしかならない。この程度なら子供の頃でも描けてた気がする。いきなり上手くはいかないもんだ。もう少し練習していきたい。
p38.png


gun.png

2017年10月16日

アキラと現実の符号

東京五輪2020 : そのまま
政治家の根津 : 舛添前都知事
ミヤコ : 小池都知事 (作中のミヤコは有能だが)
ミヤコの新興宗教 : 都民ファーストの会 (ミヤコの弟子たちは有能だが)
冒頭で金田が急ブレーキで止まる途切れた道路 : 築地市場移転延期で建設の進まない環状2号線
アキラ : 北朝鮮の核弾頭
鉄雄 : 金正恩
山形 : 金正男
鉄雄が根城にするスタジアム : 新国立(そのままか)
アキラと鉄雄に対して動く米軍 : 日本海に集まる米艦隊
大東京帝国で大覚アキラを崇めるモブ : アキラ100%

そして不良少年たちは今もなお、イマジネーションの中をバイクで疾走している最中だ。

何かかっこいいことを書いて締めようとしてみた

2016年12月19日

師走

ゲスの極み乙女って全然回文じゃないのに回文っぽい。
ベッキーの不倫騒動について興味なさすぎて、このような感想しか出てこない。


盗んだバイクで走り出す~という一節はよく話題に登るが、そのあとに続く「行く先もわからぬまま~」に対し「行方がわからないのは盗まれたバイクや!」という指摘がもっとなされるべき。

金田のバイクも盗んだバイクなのに、あちらはむしろ羨望されてるのは不公平ではないか。 歌詞と漫画は違うと言われるかもしれないが、フィクションであることに違いはない。
もっと言うとヤジロベーの車も盗んだものだから批判されるべきではないか。

スプラトゥーンのインクは壁に撃つとぺたっと張り付いてほとんど垂れないことから、かなり粘性が高いと伺い知れる。しかしそれだとイカ状態の時にあんな軽い感じの飛沫は上がらないという嘘がある。

ラップは英語でやるとか日本語でやるとか以前の問題として、饒舌であることから逃れられないことこそが問題ではないだろうか。

スティーブジョブズが毎日同じ服を着たのは一種の諦観で、蓮舫が毎日白い服を着るのは自我の膨張なんだろう。

この白いやつは前テレビで着たから今日はこっちの白で行くか、いやむしろあっちの白がいいわ、とかやってると頭おかしくなりそう。

蓮舫は自宅のクローゼットを「精神と時の部屋」と呼んでる。

ブティックに入ると、見透かしたようにとりあえず白を薦めてくる店員にイラつく蓮舫。

クリーニング屋の店員に裏で「またR4が白い服着ながら白い服持って来たんだがwwww」とか言われてないか気に病む蓮舫。

自分は毎朝、電通鬼十則を復唱してるんだけども、大体同じようなことを言ってる項目が多いので、上手くまとめりゃ半分にできるな、と思いながら読んでる。

ガンダムをガンダムで例えようとしたら戦争が終わった。

ドラゴンボールをドラゴンボールで例えようとしたら連載が終わった。

意識の高さと軽薄さは比例する。

最近耳にする「自動車の自動運転」とかおかしいけど、「オートマティックの自動車」で既におかしいから。

2chで顔文字やアスキーアートをほとんど見かけなくなったのは、サイト全体がひとつの都市のように、時間による成長と洗練がなされた結果だと思った。

と思ったけど単にユーザーがみんな歳とって落ち着いただけなのか。

イルミネーション

イルミネーションでマンションの一角がネオンのようになっていた。
illumination

illumination

横から見るとツリーだけは立体になっているというオーバースペック。なかなかの手練れだ。
illumination